指原莉乃が大島優子とヒソヒソとマイクで話していた秘密とは?

指原莉乃と大島優子がAKB48選抜総選挙の際に、
ヒソヒソとマイクで話していて
その内容が何だったのか話題になりました。

 

指原が一位が確定した後に、
大島優子が途中まで
私はもうないからさ」とさしこに話していたところは
大歓声の中でも聞き取らたらしいのですが
そのあとマイクの存在に気付いた二人が
あきらかによそよそしい態度をとったのです。


 

指原が「優子ちゃんいうことがロックだ!」
というと大島も「ロック!」とごまかすような内容。
あやしいですね。

 

まああやしいというか、大島が次は総選挙に出ないことを
決めていたことは結論からもそうですし、総選挙の際の言動からも
明らかでしたからね。

 

指原莉乃 大島優子

 

前田敦子という最大のライバルがいなくなった今
大島が一位をとったとしてもなんだかつまらない印象・・・
そうしたものを大島優子自身が感じ取っていたのかもしれません。

 

それにしても大島優子ってこういうところがおちゃめですよね。
指原とも仲がいいのがわかる話でいいですが。

 

前にトヨタコラボのチーム8のサプライズ発表の際も
発表前に「チーム8のトヨタさんのお力を借りて~
と間違って言ってしまっていました。

 

指原が頭をかきながら「こういう子がいるから
事前に情報を知らされないことが多いんですよね」
と言っていたのも、意外に大島ってこういう抜けてるところがあって
かわいいなと思えた話でした。

コメントを残す